けい散歩

Interior + Green + Lifestyle

私の人生を劇的に変えた、たったひとつの習慣

スポンサーリンク

タイトルにも書いてある『僕の人生を劇的に変えた習慣』、

それは『読書』です。

読書が僕の人生を劇的に変えた

『成功したければ本を読め』

『本はもっとも効果的な自己投資』

そんな風に言われることも多い読書ですが、その通りです。

そもそも私はどういう人間なのかというと、 誰にも負けないと言える特技はなく、 熱しやすく冷めやすい。

野心はそれなりにあったりもして、 YouTuberや起業家などの有名人をみると、 人とは違う特技や情熱があって羨ましいなぁと思っていました。

触発されて何かを始めてみるものの、 成功への道のりが遠く感じてすぐに挫折する。

あらゆることに挑戦しても楽しいと思える物が見つからない。

これの繰り返しの人生でした。

まあ、ありふれた人間のひとりだと思います。

そんなとき、何気なくふと書店で手にとった一冊があります。

堀江貴文氏の著書、『多動力』でした。

多動力という本から得たもの

多動力とは、著者である堀江貴文氏の造語です。

多動力とは、ひとつのことに執着せず、 たくさんのことに興味を持ち、 自分の世界を広げる力だと理解しています。

この言葉に触れたとき、 ひょっとしてこれは自分にも当てはまるのではないか? と感じたのです。

堀江氏も一つのことにハマって、 魅力的なものを見つけたらそれにとことんハマる。

極めようとするのではなく、満足したらやめる。

そんな考えの持ち主であることが多動力なり 世の中のニュースなどを読むと伝わってきます。

この性格が生んだ産物として、 あらゆるジャンルで活躍する彼がいるわけです。

これを読むまで、私は勘違いしていました。

ひとつのことを根気強く続けることが大事なのだと 思っていましたが、それが正しいとは言い切れない。

つまらないことに時間を使うことより、 もっと楽しいことはないか?となんでもやってみることが大切。

つまり、なにをやっても続かない自分は自分が悪いのではない。

それがつまらないから続かないだけ、という気付きを得たのです。

自分が楽しいと思えることに出会えていないだけ。

そう思うようになると、 もっとたくさんのことをやってみよう というポジティブな気持ちになれたのです。

池上彰との出会い

多動力を読んで得た気づきはそれだけではありません。

本とは他人の『知』に触れることができる もっとも身近なツールだということです。

それまでは、悩みや困ったことがあれば インターネットで検索して気付きを得ようとしていましたが、 記事を読んでみればありふれた無難なことばかり。

インターネットのなかで、期待を超える内容が書かれた記事に 出会ったことはありませんでした。 (ブロガーをやっている私がいうのもおかしな話なのですが。)

おそらく、私は人生や価値観を変える気付きに飢えていたのでしょう。

本というものに興味をもった私が次に手に取ったのは、 池上彰氏の『伝える力』という本でした。

『伝える力』を読み、本にハマり、楽しみを見つけた

池上彰の真骨頂は、わかりにくいことをわかりやすく伝える力です。

NHK週刊こどもニュースや、池上彰のニュース解説番組を 見たことがある方は彼のすごさがよくわかると思います。

池上彰氏の著書『伝える力』には、 池上氏がNHKに在籍していた時代を振り返りながら、 どのように伝える力を磨いてきたのかが とてもわかりやすく書かれています。

池上彰の本の面白さは、 頭にスーッと入ってくるわかりやすさと読みやすさ。

たまに脱線して知識を披露してくれるのですが、 その語りが新しい『知』に対する興味を刺激するのです。

池上彰の本は本当に面白いものばかりで、 とにかく池上と名がつく本は片っ端から読み漁りました。

読めば読むほど蓄積される知識、 新しく湧き上がる興味が快感になっていったのです。

本屋さんって面白いんです。

池上氏の本を探しに書店に行くのですが、 本棚に並ぶ背表紙を右から左へ追っていくと、 本の方から『俺を読め』と語りかけてきます。

気になった本がいちど目に止まると、 どうしても読まずにはいられないのです。

池上彰の本だけではなく語りかけてきた本を 一緒に購入するようになりました。

著者にハマったと思えば、 こんどはそこから得た知識や興味からどんどん派生して 縦に横に読みたい本がクモの巣が広がっていくのです。

こうして僕は新書と呼ばれるジャンルにハマっていったのです。

新書とはコミックと同じサイズの本で、 ビジネス書や自己啓発書、ノウハウ本といったジャンルが中心の書籍です。

このような体験は、ネットで本を買っていたら実現できません。 本屋さんにいきましょう。

また、本が僕に与えた影響はこれだけではありません。

『伝える力』を読了すると同時に始めたのが、 以前に始めたもののずっと放置していたブログです。

先ほども申し上げたように、インターネットには 人に気付きをあたえるような価値のある文章はほとんどお目にかかれません。

伝える力を読んだことで、 インターネットの世界でも池上氏のようにわかりやすく価値のあるものを提供できないか? と考えたのです。

私のブロガーとしての目覚めの原点はここにあります。

『知』という名のつるはし

私が自分のやりたいこと、 楽しみとよべるものを見つけた背景には、 本に書かれた数多くの『知』があります。

日常に退屈している人に共通しているのは、 知識が乏しいゆえに生きている世界が狭すぎることです。

だからこそ本を読んでほしいと私は思います。

本は未開拓の自分を発見するための宝の地図。

本から得た『知』のつるはしで、あなたの世界(常識)の壁を壊すのです。

何本ものつるはしを使って石を砕き、 いずれはコンクリートを穿ち、 壁はガラガラッと音を立てて崩れ去る。

するとどんな風景が広がっているでしょう。

そこには、晴れ晴れとした新緑の未踏の大地が広がっています。

そこに踏み出す第一歩は、なんとも表現しがたい快感なのです。

成長とは、これの連続です。

いくつもの壁を壊し、あゆみ、少しづつ世界は広がっていく。

行動範囲が広がり、自分の可能性に気付けるようになるのです。

人は大量のインプットを行うと、 必ずアウトプットがしたくなる生き物です。

それはなぜか? 得た知識で自分の成長を試そうとするからです。

料理をしたことがない人が料理のノウハウ本を 10冊も読めば料理をしてみたくなりますし、

政治の本を10冊も読めば自分なりの意見が生まれ、 だれかと議論がしたくなります。

知識を得ると、人は行動せずにはいられないのです。

あとがき

ネットで得られる知識と本から得られる知識には 知識の質がまったくと言っていいほど違います。

本はお金を払って読むものですが、 インターネットの情報は基本的に無料で読めます。

本当に価値のある文章は、無料で読めるものではないのです。

本というものは、その道の専門家が大量のアウトプットを行い 編集者が何度も何度も推こうを重ね、消しては書き直し 無駄をそぎ落として、やっとの思いであの薄さにして発売しているのです。

その内容の濃さは推して知るべし。

インターネットに氾濫する、 素人が適当に書いた真実かどうかすら怪しいブログ記事から 人生を変えるほどの大きな気付きは得られないことに気が付くのに、 10年の歳月をかけてしまいました。

ブラウザとは本来ペラペラとめくるということ動作を意味しますが、 まさにそのとおり、インターネットは雑誌のようなものです。

インターネットは便利ですが、 情報に関しては多すぎるが故に質も低いし内容も薄っぺらい。

このブログの記事はもちろん無料なのですが、 中身から得られた情報の中であなたにとって 有益な内容があったならば、私は幸せです。

今回ご紹介した「多動力」と「伝える力」 とっかかりとして是非読んでみてはいかがでしょうか。